医師・弁護士 長谷部圭司の医療法務頁

お問合わせ

キャッチコピーが入ります

ご挨拶

北浜法律事務所
スペシャルカウンセル
弁護士・医師 長谷部 圭司
プロフィール詳細

皆様、私は北浜法律事務所・外国法共同事業に所属している、医師であり、弁護士資格も持っている長谷部圭司です。

まずは簡単な自己紹介からさせていただきます。

現在、弁護士として、訴訟や交渉、さらには医療法人理事長の職務代行、数多くの病院・クリニックの顧問・医療安全委員・倫理委員なども行わせていただいていますが、医師としても活動しており、外来が1週間に3コマ行っており1コマで30~40人の患者さんを受け持っていますし、さらには救急当直まで定期で行っており、現在は平日に週1回と日曜日に毎月2回です。平成26年に救急応需件数がどれほどか一度数えてみましたが、その合計が330件となかなかの数を対応していました。

このように、私自身は医師であり、いまだに医師としてかなりの活動をさせていただいております当然その際には、法律家としての目でも医療現場を見ており、各医療行為に対してその法律的正当性などを考えております。そこで気づいた点を日本の各病院にお伝えしたく、様々な活動を行わせていただいております。

また、今ある医療の対応の姿は、今までの先人たちの知恵の結晶であるとも考えております。しかし、その努力を知らない人たちにより、容易に知恵の結晶が否定されることが多いとも感じています。確かに、間違っていることがないわけではありませんが、基本的に長年積み上げてきたものは現場に即した正しいものだと考えられますので、これをきちんと理論づけて守っていきたいと思っています。

続きを読む

大事なのは、現実に患者を診る視点です。この点で非現実的なことを要求しすぎれば、結局医療現場は委縮してしまい、結局損するのは国民全体ということになりかねません。例えば、一度受けた救急患者に対する医療行為の適否は、救急専門医としての医療水準で判断されるという判例がありますが、こんな非現実的なことを医療現場に押し付ければ、医療現場はどうしたらいいのでしょう?何でもできる、スーパーな医師はそうそういません。そのような非現実的な存在の医師を前提に、理論的に正しいのだから、これを守らないと駄目ということを押し付けた結果、現場は危ない患者を断る方向にかじを取るようになってきました。そうです、結局損をしたのは救急搬送される側の国民なのです。

このようなことが起こらないよう、医療現場に即した正しい法律解釈を行って、これを広めていきたいと思っています。

具体的にどうするかといえば、医療現場で法律上許されるのか悩むような事態がある場合に、迅速に、的確に、しかも医療機関に経済的な大きな負担なく回答が得られる機会を提供いたします。そのようなことが可能なのか?というご質問をよくお受けしますが、後で述べるとおり可能です。このような活動などを通して、現実の医療をいかに守るかというのが私の使命だと感じています。

顧問サービスについて

  • サービス提供のきっかけ 医療現場で法律上許されるのか悩むような事態がある場合に、迅速に、的確に、しかも医療機関に経済的に大きな負担がなく回答が得られる機会を提供できないか考え、このようなサービスを開始しました。 詳しくはこちら
  • サービス内容 基本メールでの質問に対してメールで回答するサービスとなります。
    回数制限は設けていません。追加費用は不要です。 詳しくはこちら
  • 価格について 1日平均外来患者~99人まで¥10,000でご対応いしております。この価格は基本メールのみでのご対応の場合となります。 詳しくはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

ブログ更新情報

2018年06月13日
お知らせ法務頁を開設しました。

所属

北浜法律事務所・外国法共同事業
〒541-0041
大阪市中央区北浜1丁目8番16号
大阪証券取引所ビル
TEL:06-6202-1088(代表)
FAX:06-6202-1080・9550

交通アクセス

【電車】
  • 地下鉄堺筋線 北浜駅 1B出入口直結
  • 京阪本線 北浜駅 27・28号出入口直結
  • 地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 北改札口 徒歩6分
  • 地下鉄・京阪とも北浜駅の真上にあります。
    また淀屋橋駅からも地下道でお越しいただけます。
  • 北浜1丁目交差点南東角です。